トップページWorkcontents(修理・調整メニュー)> カスタマイズ?クラフト?

   このギターを弾くのは自分

カスタマイズ?クラフト?

カスタマイズ

ギターというのはかなりプライ ベートな使い方をする物です。
一般的な評価の高いギターでも、自分が気に入っていないのであれば意味がありません。
限界ギリギリの低い弦高が好きな方もいらっしゃるかと思えば、普通の人ではとても弾けないような高い弦高で太い弦を好む方もいらっしゃいます。
ギターは道具なので、使う人の使い心地に勝る価値はありません。
それでも市販のギターはより多くの人に評価を受けるように作られますので、なかなか自分好みの仕様をのギターに巡り会うのは難しいという場合も多いでしょ う。

そういうときは、いっその事自分好みに仕様を変えてしまうという選択肢もあります。
「ここが気に入らない」クラフト
それを
「ここが好き」に変える事が出来るかもしれません。

例えば、キャラクターの違うピックアップへの交換一つをとっても
・シングルコイルからハムバッカーへの交換とそれに伴うピックガードの加工
・ボディのザグリの追加工。
・配線の変更と位相等のマッチング等
様々な要素が絡みます。

調整や単純に置換で済む事ならば比較的気軽ですが、何らかの加工が必要になる事も多い筈です。
ネックの握り心地を変えたいなら、ネックグリップを削って好みの形に再整形(リシェイプ)。
指板Rがキツいという場合には指板Rの研磨修正…(必然的にフレット交換を伴いますが)ネック製作
ボルトオンネックなら、いっその事ネックそのものを作り直すという事も可能です。

ハンドメイドギターも作っている工房内で木工から塗装まで一貫した作業を行います。

ブリッジやペグ等のハードウェアも交換したい事もあると思います。
当方ではGotohやSchaller等のお取り寄せも出来ます。
取り付けやカスタマイズの作業に絡めてご注文の場合、GotohやSchallerならパーツ代金を割引価格でご用意可能ですのでご相談ください。(もち ろんパーツ持ち込みでもOKです)

また、ハムバッカー等はリード線の仕様によってはタップする事でサウンドにバリエーションを持たせる事も可能です。
しかしそのためにはリード線が1芯シールドや2芯シールドでは出来ない事もありますが、
場合によってはリード線を改造して4芯仕様にしたりする事も出来ますのでご相談ください。(出来ないピックアップもあります…)

>>木工加工工賃目安表PDF  >>電装作業工賃目安表(PDF)  

回路をカスタマイズする時に

ギター内部の電気回路カスタマイズ等は回路図(あるいは実態配線図)の提示の有る無しで費用が異なります。

例えば、ストラトと同じようにとかレスポールと同じようにとか、当方のブログのこの回路と同じようにとか、そういった感じでの提示があれば回路図は 不要です。
また、既存の回路にアクティブサーキットを追加したりする時にはその表品の取扱説明書があればOKです。

しかし、「スイッチを使ってこんな風に出来ないか」というオリジナルのアイデアはあるけど実際に回路図は無いという場合では、
それが実現可能であるかどうか検証し、回路を設計する事が必要です。
その場合は、回路図指定無しとして設計費用込みでお見積もりさせていただきます。
この場合「残念ながらその回路はこのスイッチレイアウトでは無理です」という答えになる事もあります。
そうなったときは費用は必要ありません。(回路の検証には多少お時間をいただく事があります)


DIYカスタマイズもギターの楽しみ方の一つです。

自分でやれる事は自分でしたい。そう思う方は多いと思います。
自分でカスタマイズしたギターはやっぱり他のギターとはひと味違う物です。
でもどうしても自分ではやれない部分というのもあると思います。
状況次第ですがご相談いただければ「ここだけやって」とか「ここまでやってくれたら組み込みは自分でやります」というのもOKです。
(しかし、「全部自分でやるからやり方教えてください」というのはNGでお願いします…。)



カスタマイズこぼれ話

ピックアップの交換等をご自身でやられる方は多いと思います。
回路もインターネット上には色々と見つかったりします。
でもよく解らない…
回路図の見方が解らないという方もたくさんいると思います。
でもギターの内部配線に使われている回路というのは単純な物ばかりです。
回路図と聞くと難しそうと思う気持ちも解ります。

しかし、あれは計算式等とは違い、ただの絵だと思っていいと 思いま す。
せいぜいが、ただの地図。ただの迷路です。

でてくる要素もピックアップ・スイッチ・可変抵抗(ポット)・キャパシタ(コンデンサ)・グラウンド(アース)ぐらいです。
エフェクターやアンプとは違って、トランスや電解コンデンサ・トランジスタ・集積回路・その他のパーツがでてくる事も無く、抵抗値やキャパシタンス等の計 算がいちいち必要になる事もほとんどないので、見方を覚えておくの面白いと思います。(解らなくてもギターはいじれてしまうんですけど・・・)

スイッチの動きもよくわからないという時にはやはり絵を書く事をお勧めします。
絵に書く事で解る事はたくさんあります。
スイッチの配線等を自分で行ってキチンと動作しないという場合、今どうなっているのかを絵に書く事で整理する事が出来ます。
頭の中だけで処理しようとすると失敗します。

その絵を早く簡潔に書くために「回路図」を使っているのです。

>>このページの先頭に戻る >>トッ プページに 戻る