トップページ Workcontents(修理・調整メニュー)> フレットワーク?

 
  フレットはかなりハードワークをしているパーツだと思います

 

フレットワークって?

フレットワークについて

フレットに関する要素はたくさんあるのですが…
ギターやベースのフレットは弾けば弾く程に弦と擦れ合い、摩耗していきます。
摩耗が進んだフレットは弦との接点がいびつな形になり、正確な音程を得る事が難しくなるとともに、チョーキング等の動作の際に引っかかったりしてプレイの 妨げになる事もあります。
摩耗したフレットは背が低くなるため、摩耗していないフレットとの高低差が生じると弦のビビリに繋がったりします。 弾き方やよく使うフレーズのポジション、使っている弦の材質等によって差はあるものの、全く摩耗しないフレットと言うのは無いと思います。

フレットはギターを弾けば弾く程すり減っていく消耗品なのです。

消耗したらどうしたら良いか?
一つは『擦り合わせ』と言う方法。
これはすり減ったフレットとのバランスを取り戻すために他のフレット(基本的には全てのフレット)を削って高さを揃え、その後再びフレットの形を整形する 事でコンディションを回復する方法です。

フレット全体を削るので理屈ではフレット全体が低くなる事になります。
この「擦り合わせ」はフレットが摩耗したときだけでなく、フレット上における問題、
例えばフレット上の弦高を限界まで低く設定したい時には精度の高いフレットコンディションが必要ですし、
ハイフレットでのチョーキングの音詰まりを解消・緩和するために行われたりします。
また、フレットを新たに打ち直した時にも少なからず行われます。新品のギターであっても工場であるいは販売店での調整の際に行われている筈です。こ れが滞っていると新品のギターでも音詰まりやビビリが酷いと言う事になりかねません。

何れにしろ、コンディションを整える目的で行われるのが『擦り合わせ』です。

*下記のブログにも関連記事があります。

>>「フレットの擦り合わせって何?」「フレットの擦り合わせ?2」『フレットの再整形


摩耗が酷く擦り合わせでも対処できないときがあります。
あるいは、フレットの高さ・太さ等を変えたいと思う事もあるかもしれません。(フレットは引き心地を大きく変えうるものです)
そういうときは『フレット交換(リフレット)』が行われます。

古いフレットを抜き、指板面のコンディションを整え、フレットを打ち込む溝を整え、フレットを打ち込み、フレットの端を切りそろえます。
打ち込んだ後は「擦り合わせ」を行いフレットのエッジ(指板の端の部分)も角をとるように整えます。
そのままでは指がフレットのエッジにあたって痛いので…ポジションをスライド移動したときもソフトな感触になるように。
この部分を斜めに大きく落とした処理がされているギターも多いようですが、大きく落とすと1弦や6弦を押さえた時にフレットから滑り落ちるような状態に なってしまうこともあり、プレイ中イライラしてしまうので当工房ではあくまでフレットの角を丁寧に落とす事で対応しています。

ちなみに、フレット交換の際にはフレットが現状よりも高くなる事が多く、ナット溝の高さに問題が生じる事が予想されます。そのためフレット交換は原 則的にナット交換も含めて扱っております。

交換か擦り合わせかでお悩みの場合もご相談させていただきます。

*下記のブログにも関連記事があります。
>>『フレットの残り○部山?」

フレット交換は高い?

フレット交換は高いから『フレット交換するより、新しいギター買った方がいい』
という意見をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今は非常に安いギターでもあるのクオリティがあるものが多いこともあり、
ギター本体の購入価格と照らし合わせて割高な工賃が必要だったりすると、ちょっと考えてしまうと言う意見も理解できます。
高いかそうでないかはそれぞれの価値観に因るものですが、私はなるべくギターそのものを消耗品として扱って欲しくないと思っています。

ある意味、フレットが減って困る程弾き込む事が出来たギターは既に良いギターなのでは?

当工房ではフレット交換をなるべくリーズナブルな価格設定にさせていただいてお ります。
どこよりも安いとは言えませんが、手を抜いてクオリティーを下げる事で価格を下げている訳ではありません。
もっとフレット交換の敷居を下げたいと思っての価格になっています。
(とはいえ手間を考えれば楽な価格ではないので、いずれ変更するかもしれませんけど…そのときはなるべく早めに予告します…)

>>フレット交換工賃目安表(pdf)


フレット交換こぼれ話

「フレット交換は難しいの?」
と言う意味のお問い合わせをいただく事があります。
詳細な点までご案内は出来ないのですが、私は一番の肝はフレットを打つ作業ではなく「打つまで」だと思っています。
打つまでとは、フレットを抜く時に指板のダメージを最小限に奇麗に抜き、ネックと指板のコンディションを確認し調整し、
フレット溝をこれから打ち込むフレットにふさわしいように整える。という工程です。
正直申しまして、指板とフレット溝さえ整っていればフレットを打ち込む工程自体はどうと言う事は無いと思います。
それこそ、トンカチが1本あれば良い訳です。(もちろんコツや注意点はありますが)
この部分に一番ノウハウと経験が必要で、一番取り返しがつかないのが指板と溝のコンディションを整える事だと思っています。
逆を言えば、指板と溝のコンディションが悪いギターはフレット交換の難易度が跳ね上がります。
(「打ってからなんとかしよう」とか考えていると火だるまになります)
特に溝のコンディションは指板材によってもベストと思えるコンディションが違う(要求の高い低いと言う意味ではなく)と思っていますし、同じ材の種類でも それぞれの質によってちょっとずつ異なってきます。

そのあとは擦り合わせの技術も必要ですが、きちんと打たれたフレットなら擦り合わせの手間は最低限でOKになる訳です。

>>このページの先頭に戻る >>トップページに 戻る